「月島百景~第3集~」2020年度上映会版Part1

NOHCが活動協力している中央区のオーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」。2021年2月13日土曜日に月島区民館で開催した「2020年度上映会」のための特別編集動画です。今年度収録した鈴木さん、稲垣さん、佐藤さんを軸に、これまで収録した方々のインタビューをテーマに沿って織り交ぜています。貴重なインタビューの数々、ぜひご覧ください。

鈴木さん
昭和3年生まれ。戦前の勝どき(月島7~12丁目)の光景、車のあまり通らない清澄通りで行った三角ベース、現・豊海付近にあった海水浴場、勝鬨橋の開通式、焼夷弾を落としていくB29、野戦病院になった月島第二小学校…のことなど、実体験にもとづく貴重なエピソードの数々です。

稲垣さん
高2の時に疎開先から月島に戻り、家業・伊勢喜酒店の手伝いを始めた頃、月島には34軒もの酒屋があったそうです。競合を避けるため人家の少ない晴海や豊洲に営業に出かけた話、大型漁船に酒類を納めた話など、時代と地域性が感じられるお話です。

佐藤さん
幼少期を過ごした月島8丁目の長屋の光景、引揚者の親子が営んでいたもんじゃ焼屋、中学生の時に移った都営住宅での意外な苦労、友達と歩いて海水浴に出かけた東雲…。手描きの地図や後年撮影した写真と併せて、思い出を語ってくださいました。

「心に残る・未来に残したい記憶『佃島・月島百景』」
2020年度上映会のレポートはこちら

 

 

 

 

Follow me!

源資NOHC 代表理事

投稿者プロフィール

源 資(みなもとやすし)
昭和42年(1967年)富山市生まれ。県立富山高校、明治大学卒業。ゼネコン退社後、成り行きで映像制作の世界に入りそのまま制作ディレクターとなる。2018年度より中央区における地域オーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」に参画。ポケット・クリエイション代表。(一社)NOHC代表理事。中野区野方在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る