「佃島百景~第2集~」2020年度上映会版 Part2

NOHCが活動協力している中央区のオーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」。2021年2月13日土曜日に月島区民館で開催した「2020年度上映会」のための特別編集動画です。今年度収録したインタビューをまとめています。すでに取り壊された佃島説教所の内部を説明していただいたものや、船入堀を船から撮影したものなど、貴重な映像です。ぜひご覧ください。

渡邉さん・・・佃1丁目(上町)。昨年の秋、佃島説教所が取り壊される直前に渡邉さんに解説いただいた大変貴重な動画です。かつては珠算大会や書初め大会なども行われた55畳の本堂、浄土真宗のお寺の様式を整えた祭壇、築地本願寺再建時の佃門徒講の心意気、葬式の際に割烹着姿のおかみさんが動き回った台所…。後半では、芝浦工大・志村秀明先生と小屋組みや外観の写真を見ながら、昭和9年に建てられ人々に親しまれた建築について思いを巡らせます。

折本さん・・・佃1丁目(上町)。ご用意いただいた写真を見ながら、祭りとともに生活する佃の人々の様子、海苔の養殖について語ってくださいました。今も徳川家に白魚を納める際に用いる献上箱、後半は船入堀を船で移動しながら子ども時代の想い出や、祭りの幟などが埋められている佃堀について語ってくださいました。

「心に残る・未来に残したい記憶『佃島・月島百景』」
2020年度上映会のレポートはこちら

 

 

 

Follow me!

源資NOHC 代表理事

投稿者プロフィール

源 資(みなもとやすし)
昭和42年(1967年)富山市生まれ。県立富山高校、明治大学卒業。ゼネコン退社後、成り行きで映像制作の世界に入りそのまま制作ディレクターとなる。2018年度より中央区における地域オーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」に参画。ポケット・クリエイション代表。(一社)NOHC代表理事。中野区野方在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る