「佃島百景~第2集~」2020年度上映会版 Part1

NOHCが活動協力している中央区のオーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」。2021年2月13日土曜日に月島区民館で開催した「2020年度上映会」のための特別編集動画です。今年度収録したインタビューをまとめています。貴重なインタビューの数々、ぜひご覧ください。

田中寿子さん・・・佃1丁目(東町)昭和6年生まれ。代々網元の家から分家しコマセ問屋を開いた祖父。分家の理由も驚きですが、物流が発達していない頃に遠く豊橋までコマセを届けていたというエピソードやご自身の体験談を貴重な写真や資料とともに語ってくださいます。ほかに「海苔づくり」「丸福の半纏と子ども半纏」など。

田中清美さん・・・佃1丁目(下町)。寿子さんの娘・清美さんが子どもの頃、三角公園で登校班のお兄さんたちと一緒に遊んだ思い出や、佃島と月島の親戚・知人が一堂に会して盛り上がった結婚式、佃島ならでは濃い人間関係、佃小橋の風景など、楽しいエピソードを語ってくださいました。

福田さん・・・佃1丁目(上町)。長野県から佃島へ嫁いだのは、佃大橋が開通する前の昭和37年。佃の街並み、ご近所のおばあちゃん、ふんどし一丁で歩き回るお年寄り、そして、お祭り…見る者すべてが驚きの連続だったというユーモラスな思い出を語ってくださいました。

「心に残る・未来に残したい記憶『佃島・月島百景』」
2020年度上映会のレポートはこちら

 

 

 

Follow me!

源資NOHC 代表理事

投稿者プロフィール

源 資(みなもとやすし)
昭和42年(1967年)富山市生まれ。県立富山高校、明治大学卒業。ゼネコン退社後、成り行きで映像制作の世界に入りそのまま制作ディレクターとなる。2018年度より中央区における地域オーラルヒストリー記録プロジェクト「佃島・月島百景」に参画。ポケット・クリエイション代表。(一社)NOHC代表理事。中野区野方在住。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る